患者さまの安全と安心を第一に考えたら「ブローネマルクシステム」になりました。

大学病院インプラント科、都内ふたつの医院での院長、大手美容外科勤務、そしてインプラント担当医として出張手術に携わるなかで8システムのインプラントを使用してまいりましたが行き着いたのは「ブローネマルクシステム(ノーベルバイオケア社)」でした。 理由はいたってシンプルです。

・家族にインプラントをすることになったら・・・
・自分が歯を失ってしまったら・・・

志木インプラントセンターでは以下の理由から「ノーベルバイオケア社」を選択し、患者さまに自信を持っておすすめしております。

ブローネマルクインプラントが世界中で選ばれるわけ

歴史
1965年にスウェーデンのブローネマルク博士により、世界で始めて骨と結合するインプラントが歯科医療に臨床応用されました。ノーベルバイオケアはブローネマルク博士が発見した、骨に結合する(オッセオインテグレーション)歯科インプラントを世界で始めて製品展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。

この世界初の実用インプラントシステムは、現在のすべてのインプラントの基本となっている世界的に最も知名度の高いインプラントです。

歴史
汎用性に富み、あらゆる症例に対応できるため、最も高価でブランド価値が高いといわれています。ドリルのステップも最も複雑に細分化されいろいろな骨の硬さにも対応することが可能で、審美治療にも対応できるなどインプラント治療に精通したドクターでなければその性能を発揮しきれないインプラント・システムといわれます。

歴史
現在日本には約40種類のインプラントが存在しますが、10年以上の動物実験をし、人体に応用してから40年以上の歴史を持つシステムは世界でもブローネマルク1つしかありません。

40年以上前に行なわれた最初のインプラントが2006年までに機能し後遺症もないと報告されていることからも、このシステムがいかに完成度の高いものであるかはご理解いただけると思います。

ブローネマルクシステムは40年以上の研究開発、60万人以上の実績があり、治療成績は、1本の歯を失ってしまった方から、複数の歯を失ってしまった方まで、10年経過後の残存率が97%という高い成功率を誇る世界標準インプラントとなっています。

歴史
患者さまにとってインプラントは何十年と長く使用していくものです。骨に埋め入れたインプラントと補綴物(被せもの)をセットしている部分はネジで止められています。10年・20年先にパーツに不具合が生じた場合、メーカーによるサポートがなければパーツが入手できません。「ノーベルバイオケア社」はそのようなアフターサポートが万全です。また、将来にわたって信頼できるメーカーだと考えます

当院が10年の保証を設けられるのは「ノーベルバイオケア社」を使用しているからです。

歴史
大学病院勤務中、もっとも困ったことがメーカー不明のインプラントを埋入している患者さまの対応でした。メーカーが違えばパーツは使用できません。(一部互換性のあるメーカーもあります)

転勤や結婚、通院している歯科医院の移転や閉鎖など理由はさまざまありますが、患者さまにとって、治療を受けた歯科医院に一生通院することができない場合が多々あります。そのような場合に、あまり普及していないインプラントメーカーだと、同じメーカーを採用している歯科医院を探すことが困難になります。

そのような点からもトップシェアを誇るインプラントメーカーを採用することは大きなメリットとなります。