インプラント治療後のメンテナンス

きちんと骨と結合したインプラントは、半永久的に口腔内で固定を得ることが出来ますが、いくらインプラントと骨が結合していても、土台となる骨の部分にトラブルが起きれば、骨はインプラントを支えることが出来なくなってしまいます。また、天然歯と同じように、歯周病が重度に進行した場合も骨はインプラントを支えることが出来なくなってしまいます。メンテナンスとは口の中に埋め込まれたインプラントが長期間にわたり機能することを目的に行われるもので、どんな種類、方法のインプラントを受けようと必ず必要になりますせっかく入れたインプラントを良い状態で保つためには定期的なメンテナンスが必須です。日々のメンテナンスとしては、天然歯と同様、基本的にはきちんと歯磨きをするということです。インプラントには接合部(境目)があり、汚れがたまりやすく、落としにくい部分となります。通常の歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロス等でのお手入れも効果的です。インプラントが抜け落ちてしまう、または機能しなくなる(物が噛めなくなる)原因は、『ネジの緩み、破折』、『インプラントの破折』であり、これらの要因として、 『細菌感染』 と 『咬合』 が挙げられます。インプラントにおけるメンテナンスでは、これらのコントロールが重要になります。、歯周病や噛み合わせのチェック等、定期的に歯科医院での診査を受けましょう

普段の清掃

正しいブラッシング方法と食後のブラッシングの習慣を

固定式なので、入れ歯のように取り外しての清掃は必要ありません。 市販の歯ブラシと歯磨き粉を使ったブラッシングで十分ですが、歯と歯肉の境目は歯周ポケットができやすく、汚れもたまりやすいので歯と歯肉の境目のブラッシングは念入りに行います。また、市販のデンタルフロスや歯間ブラシなどを併用しプラークコントロールに心がければほぼ問題ありません。 歯周病や虫歯により天然歯を失ってしまった方は、普段のお手入れが不十分だったり、ブラッシングしていても磨けていない部分があります。自己流のケアではなく、正しいブラッシング方法と食後のブラッシングの習慣を身につけることが大切です。

インプラント周囲炎

定期検診により早期発見をすることが大切

インプラントは天然の歯に比べて歯周ポケットがやや大きいので、プラークコントロールがきちんと行われていないとインプラント周囲炎を起こすことがあります。インプラント周囲炎とは、歯周病(歯槽膿漏)に似た症状で、進行すると歯槽骨が吸収されていきます。歯周病と同様に痛みや腫れなどの自覚症状を伴わないので、定期検診により早期発見をすることが大切です。

かみ合わせのチェック

定期検診でかみ合わせの修正を

天然の歯はわずかに移動する性質がありますが、インプラントは骨と直接結合するので動きません。 加齢などによりかみ合わせが変化したときに、インプラントに負担がかからないよう定期検診でかみ合わせの修正を行います

10年保証について

このようにメンテナンスを継続していくことはインプラントを長持ちさせるうえでとても大切です。