CT撮影の必要性

当院では3次元CT撮影装置を院内に設置しています。 インプラント治療に関する精密検査をすべて院内で行うことが可能です。

インプラント術前検査・診断

インプラント治療を行う上で重要なのは、インプラント埋入部位の顎骨の立体的構造を正確に診断することです。従来の2次元の画像では歯科医師の勘と経験に頼った治療をおこなうしかないため失敗のリスクが大きくなりますが、当院では歯科用CTを用いて骨の高さ・厚み・密度や上顎洞、神経管との位置関係を正確に把握したうえでインプラント埋入計画を立てていますのでより安心で安全なインプラント手術が可能になります。検査・診断の結果、インプラント埋入に必要な骨量の不足が判明した場合には、骨移植手術や上顎洞拳上術などの補助的手術を行う決定をします。

インプラント術後検査・診断

CTスキャン検査を活用するクリニックでも、他の施設へCT検査の依頼をすることが一般的です。そのため、術前にはCTスキャンを撮っても術後にまた他の施設に足を運んでもらってCT撮影することはほとんどされていません。当院では、院内にCT撮影装置を設置していますので、術直後や1年後の検診時など必要に応じて迅速な検査が可能です。

一般レントゲン画像とCTスキャン画像の違い

一般レントゲン画像は立体を平面的(2次元的)に表しているため、精密な診断が困難で歯科医師の勘や経験に頼った治療しかできません。

CTスキャン画像では、どの部位でも断面で見ることが可能なため、診断能力は飛躍的に向上します。 特に、上顎洞や下歯槽神経に近接するようなシビアな部位においては、2次元画像のみで診断を行うと思わぬ偶発症を招いてしますことがあります。








CTスキャン画像では、上顎洞や下歯槽神経までの距離と角度を把握できるため、リスクを回避することができます。 また、手術時間も短縮できるため、患者様の負担軽減にも繋がります。

歯科用CTの被曝量

歯科用CTの放射線量はきわめて少なく、医科用CTの200分の1弱です。つまり、歯科用CTを200回撮影するのと医科用CTを1回撮影するのは同じ放射線量と言えます。また、一般的な歯科医院に設置されているレントゲン撮影装置よりも放射線量が大きなイメージがありますが、ほとんど同等であるため様々な情報を一度に得ることができる歯科用CTは優れていると言えます。

他の治療へのCT検査

当院では歯周病や歯根豪胞、また矯正治療においてもご希望の患者様にはCT検査を実施しています。(保険適応外)