ブリッジとインプラント

ブリッジ治療
ブリッジ治療とは、歯を失った箇所の両隣の歯を削り、両隣の歯(支台)に一体型の連結冠を被せて歯の欠損部を補う歯科治療法です。歯を失った際の治療としては、最も一般的な治療です。
セメントを使用し支台に固定するため、入れ歯のようにガタつかず違和感が少ないという利点はありますが、本来、歯があった部分にかかっていた大きな咬合力が支台(支え)にした両隣の歯にかかってしまうため、歯の寿命を縮めてしまうという大きな欠点もあります。また、ブリッジと歯肉の間には、隙間が生じることから、隙間の部分に食べ物が詰まりやすく、そこから虫歯や歯周病になりやすいという欠点もあります。さらに、両隣の歯(支台)が健康な歯であれば、歯を削ることにより、虫歯になるリスクが高まるという欠点も生じてしまいます。

インプラント治療
顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込むインプラント治療なら、健康な歯を削る必要がありません。また、欠損歯だけではなく、欠損した歯の根も補われますので、咬合力が均等にかかることにより、残された歯を傷めにくくするという利点もあります。咬合力がかかることで、歯茎がやせにくくなるという利点もあります。
ただし、インプラント治療には、保険が適応されませんので、治療費用が高くなってしまうということ、外科的処置が必要になるといった欠点があります。

入れ歯とインプラント

入れ歯治療
入れ歯治療とは、ブリッジ治療やインプラント治療とは異なり、取り外し式の義歯を使用し、歯の欠損を補う歯科治療法です。歯を失った場合でブリッジ治療が適用できない場合には、一般的に部分入れ歯もしくは総入れ歯での治療となります。
プラスチックの入れ歯なら保険が適用されますので、安価に作ることができるという利点はありますが、取り外し式のため手入れが大変、臭いがつきやすい、ガタついてしっかりかめないという欠点などもあります。また、入れ歯は全体的に大きな構造をしているため違和感が大きく、話しづらくなってしまうという欠点もあります。

部分入れ歯
クラスプ(針金)を前歯や奥歯にかけて義歯を固定します。針金をかける歯に大きな力がかかるため、固定源となる歯の寿命が短くなってしまうという欠点があります。
また、お口を開けた時に針金が見えてしまうため、見た目がかなり悪くなってしまうという審美的な欠点もあります。

総入れ歯
歯肉(歯茎)や周辺組織で支える総入れ歯は、お口の中全体を覆ってしまうので、食べ物の味や温度をほとんど感じられなくなることがあります。また、かみづらい・食べ物のカスが歯肉と入れ歯の隙間に入って痛い、食べる際に入れ歯がはずれてしまうなど、食事をすることにストレスを感じてしまうケースも少なくありません。時には会話中に総入れ歯がはずれてしまうということもあります。さらに顎の骨や歯肉がやせることによって、すぐに入れ歯が合わなくなってしまうことも大きな欠点と言えるでしょう。